カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

【小学生】第4回北信越ジュニアハンドボール交流大会 小松大会

3/2,3/3と小松市ハンドボール協会にお世話頂き

「第4回北信越ジュニアハンドボール交流大会 小松大会」

 比美乃江ハンドボールクラブが3回目(3年目)の参加をしてきました。小松ジュニアはJHL北國銀行のユースとして小松市に拠点をおいています。小松市、能美市のジュニアの交流事業として年々、趣向と質、規模を拡大しています。

 創部以来、親交を深めてきた小松、能美の相互発展をしてきました。参加させて頂けることは大変ありがたいことです。

 今年もたくさん試合を組んで頂き、そのご厚意に報いるように、比美乃江ハンドボールクラブも全選手が一生懸命試合に取り組めるようにSTAFF、父兄と連携して2日間を終了しました。

 2日は、女子の比美乃江・氷見合同チームと4年生の単独チームのデビュー戦でした。

 女子は慣れない選手と何とかコミニュケーションをはかりながら、1つ1つの試合毎に、少しハンドボールの試合のことを掴み始めました。ハンドボールはコートに立つ全員が得点するチャンスがあるのは当たり前、1人1人が積極的に攻め、守ることが大切なことだと学びました。

 4年生は、5年生に導かれながら、試合を「見て」、「やってみて」たくさん学んだと思います。

 3日は、男子、女子それぞれ一つのチームとして力と気持ちをあわせて、初めて対戦するチームと素晴らしい試合をしました。対戦してくれたチームには、温かい言葉をかけてもらい、また試合しましょう!と言われたことが励みです。ありがとうございました。

 

第8回春の全国中学校ハンドボール選手権大会組み合わせ決定!

こんにちは!

3月23日開幕の

ここハンドボールの街氷見のビックイベント

「第8回春の全国中学校ハンドボール選手権大会」

の組み合わせが2月11日抽選会が行われ決定しました。

今年で第8回目を迎え、歴史を重ねてきた地元開催の全国大会に伝統校、常連校、古豪復活、躍進著しい新チーム等が名前をつらね、年月の移り変わりによってこの大会に出場した多くの選手が今は、A代表、ユースに選ばれています。

今年の地元チーム

富山県代表 男子 西條中学校 女子 十三中学校(昨年2位)

氷見市代表 男子 北部中学校 女子 西條中学校

の4校はどこまで勝ちあがれるのか?選手たちの活躍を心から祈っています。また全国からここ氷見に訪れる中学校チーム関係者、選手、父兄の皆様を、心からお祝いと歓迎申し上げます。

【大会実行委員会HP】

http://www7a.biglobe.ne.jp/~haruhand/index.html

全国高等学校選抜大会北信越予選会

 こんばんは!

石川県金沢市 いしかわ総合スポーツセンターで開催された、「全国高等学校選抜大会北信越予選会」に富山県から派遣され審判員として出場してきました。

今年の栄冠は、

男子の部 北陸高等学校(福井)

女子の部 高岡向陵高等学校(富山)

代表校は

男子2位 氷見高等学校、女子2位小松市立高等学校

男子3位代表決定戦は、小松明峰(1位リーグ3位)vs高岡向陵(各県2位トーナメント優勝)は、2試合目となる向陵はカットインプレー、速攻、アウトレンジからバランス良く得点を重ね、ディフェンスも最後まで集中を欠くことなく、終始安定したゲーム運びで見事、富山県で2校目の北信越として第3代表の全国選抜大会出場枠の切符を手中に収めました。

女子は2位トーナメント決勝で、小松vs富山いずみは、一進一退の攻防を繰り広げるも、あと1歩及ばず、代表決定戦に進むことは叶わなかった。。。

最終日の担当は結果により、女子代表決定戦は伝統校福井商業と、新鋭小松高校のカードを担当しました。地力と経験に勝る福井商業に対して、必死に追いすがる小松は、地元の応援も背に受け、何度も踏みとどまり、伝統校に肉薄するゲーム展開がゲーム終了のホーンまで続きました。福井商業が第3代表になる貫禄を見せてくれました。

 好ゲームを担当させて頂き、大会関係者に感謝いたします。石川県高体連、専門委員長、審判長様、他大会役員のみなさま、ありがとうございました。レフリーチームの皆様ありがとうございました。

 今大会から、「北信越のファミリー」という言葉が生まれました。絆って大切ですね。。。また呼ばれたら、精一杯選手のプレーに報いるよう、自分の持てる全てを賭けて挑みたいと思います。。。。。

埼玉県「彩の国カップ」に出場してきました!

おはようございます!

 1/4〜6まで日頃練習を重ねてきた「比美乃江ハンドボールクラブ」は3年目となる埼玉県「彩の国カップ」に行ってきました。

HP素材X107NIKKI1.jpg

 6年生8人には最後の県外の遠征と大会です。5年生も初めて参加しました。

 ロビーにらしからぬ雑貨がたくさん!?不思議な魔法のドリンクまで……これ飲んだら「元気な声だして試合するかな???」

 選手の部屋は15人が全員1部屋の大部屋で、布団がズラリ(笑)まくら投げがはじまりそうな、予感!?

 選手たちがお風呂に行っている間に、部屋に残っていた数人と、ちょっとイタズラ。。。

 競技は予選を全員出場で勝ち抜き、決勝トーナメントに進みましたが、因縁の府中と3年連続対戦、悔しくも敗退し、全国大会出場組、チーム茨城やさいたま市、野木とは対戦を果たせませんでしたが、昨年決勝で対戦した埼玉の雄、三郷と対戦できたことは収穫でした。もちろん全員出場で締めくくりました◎

 来年は優勝できるチームにするぞ!       監督

出征!埼玉「彩の国カップ」

こんにちは!世の中は執務、仕事初めの4日

我が小学生たち「比美乃江ハンドボールクラブ」も関東埼玉県まで「彩の国カップ」に遠征です。。。

○昨年は準優勝で決勝の三郷にあと1歩涙の敗退でした。

○6年生にとっては最後の県外遠征です。思い出に残る大会にしたいです。

○来週の氷見市冬季大会で、北信越優勝の上庄や全国大会準優勝の窪スポーツ少年団との対決の為にも重要な大会です。

○今年で3回目、年々順位が上がっています。向こうでお世話くださる栗加先生に感謝をしながら、今年も三郷、水海道、東久留米、府中、野木などなど関東スタイルのハンドボールと氷見のハンドボールで精一杯頑張ってこようと思います。

行ってきます!!!!!!!

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます!!!

2013初売りご来店ありがとうございます

日頃から、氷見、富山県の方にご支援頂き、ブンシンスポーツも創業50年あまり、また移転8周年、Webショップ1周年を迎えました。

2013年の方針は

○東京オリンピック実現のための協力をすること

○震災、被災地への支援交流を継続すること

○第8回春の全国中学校選手権 大会の成功と11回以降のここ氷見市での継続誘致運動をすること

○「ハンドボールファミリー」を増やすこと

今年1年よろしくお願いいたします。

店長

6月シーズン到来!

みなさん、こんばんわ!少し日記を書くのがブランクになってしまいました。あっという間に6月になって台風4号もハイスピードで去っていきました。

○6月は2日、3日と「富山県高等学校総合体育大会」所謂インターハイ予選の準決勝、決勝が行われました。

男子優勝 氷見高等学校

女子優勝 高岡向陵高等学校

2位に敗れた高岡高等学校も氷見出身の選手が多く、県内屈指の進学校です。今年の選手の中からも関東、関西の大学に進学してハンドボールを続けてくれると信じます。

女子2位に敗れた氷見高等学校は気迫の闘志で食い下がった。新潟インターハイ後に行われる国体予選では、両チーム連合の少年女子で、国体までモチベーションを持って欲しいと期待しています。

○6月9日、10日は「富山県小学生選手権」が行われました。

男子優勝 窪スポーツ少年団ハンドボール部

女子優勝 窪スポーツ少年団ハンドボール部

男女アベック優勝の結果でした。

私が日頃指導にあたる「比美乃江ハンドボールクラブ」は準決勝で伝統校の上庄に敗れ、3位決定で勝利し北信越大会の切符を手にしました。8月にリベンジ果たせるか、選手と頑張って暑い練習を乗り切ろうっと!

○6月15日〜福井県於いて

「北信越高等学校総合体育大会」が行われました

各県の上位3チームが出場し、北陸電力フレアを中心に開催されました。私も富山県の選手たちと共に、審判員としてエントリーしました。担当した男子決勝は

北陸高等学校と福井商業高等学校の福井県対決は磐石の揺るぎなき王者が、前半から終始安定した試合運びで優勝し、インターハイ本戦に向け勢いをつけた。

女子決勝は

高岡向陵高等学校と氷見高等学校の富山県対決!県内の予選と同じくデットヒートを繰り返し、後半のこり氷見2点リードから向陵が4点連取の逆転で、氷見も食い下がったが1点差で涙した。

店長レポート

【予約受付中!!!】ASICS(アシックス)スカイハンドNB九州/北陸限定カラー

みなさん

こんばんは!

お待たせしました!ASICS(アシックス)スカイハンドNB九州/北陸限定カラーの予約受付を開始しました!

↓予約はこちらから。。。

http://bunshin.jq.shopserve.jp/SHOP/ASCTHH0172390.html

お客様へのデリバリーは5月上旬(7日頃以降~)を予定しています。初回は限定数量のみです。

全国大会が終了!

皆さんこんにちは!

3月24日から28日まで、ここ氷見市で開催された

『第7回春の全国中学校ハンドボール選手権大会』は

男子優勝 大分県 滝尾

女子優勝 茨城県 けやき台

で閉幕しました。【結果はこちら↓】http://www.handball.jp/games/2011/haru_chu/7th_haruchu_kachiagariR.html

○何よりも、被災地からの参加チームには、地元市民サポーターの熱い応援を背に受け、勝って共に喜び、負けて肩を揺らして涙する姿がとても印象的でした。

○開会式では、被災地に向けてさまざまなオープニングセレモニーが企画されました。

○今回のわたしの役回りは、競技役員「オフィシャル委員」大会中は何でも引き受ける、雑用ですが、この大会は第1回から、チームで出場もしました。レフリーでも出場しました。マッチーバイザーや総務役員もありました。今後も大会なら何でも関わってやっていこうと思います!

○今大会は女子の氷見市立十三中学校が準優勝しました。小学校時代は仏生寺小学校で全国小学生をV2したメンバーが中心で、延長戦の末惜敗しましたが、最後まであきらめない姿勢で、力を出し尽くしました。おめでとう!

○男子は氷見南部中学校が3位の成績(2回目)でした。中学生になって初めてハンドボールをする選手が多いこのチームは、大会を通じ、1戦1戦成長し、一生懸命に闘った結果でした。

○全国から、過去の戦友や、また常連の監督、わたしがお世話になっている顔なじみもたくさん氷見に集まるこの大会は素晴らしいと思います。

また、来年もそして、この夏、JOCと成長して行ってください!

店長

ページトップへ